ホーム > 活動内容 > 多摩市、厳しい財政状況

多摩市、厳しい財政状況

多摩市の今後5年間の財政見通し(案)の資料が作成されました、

それによると5年のトータルで100億円以上の財源不足となります!

要因として、経済不況や退職者増による税収減、生活保護などの扶助費の増、多数の公共施設の維持管理経費や市民サービスの水準の高さなどです。

この危機的状況を、市民の方々にしっかり知らせるべきですが、市長をはじめ、他の会派の議員はチラシなどでも、あまり伝えておりません!

また、議会においても、この状況を強く追求しているのは、公明党だけ!

まずは、市民の方々に状況をしっかり知らせる事と、行政内部の高コスト構造を見直すべきです。

1、「日本一高い」と言われた職員給与の改善

        東京都の基準に合わせると2億円の削減が可能です。

2、議員も定数削減すべき。

        多くの他市も民意に応え削減を行っています。

3、行政施設の民営化で財政のスリム化を!

       学童クラブなど進んでいますが、図書館や給食センター

   の調理業務なども進めるべき、厳しい財政の自治体は進

   んで民営化しています、それによって雇用もうまれます。

このように、まずは行政内部から改善しなければ、市民の皆様も納得しないのは当然です!

そして、歳入と歳出のバランスをとり、効率的なサービス提供を確立するよう努力すべきです。

議会でもしっかり主張してまいります!