ホーム > 三階メール > 三階メール 75号

三階メール 75号

「市議会報告 新型コロナ感染症対策を万全に! 6月の定例会・公明党の主な意見」
来年度予算の考え方について
・来年度は大幅な税収減も予想されます。しかしながら命や健康など市民生活を守る、また未来への投資の観点は平時と同様に考えるべきです。基金の在り方や優先順位を明確にし市民生活に影響の無いよう予算編成すべきです。

「新しい生活様式」について
・公共施設については、手洗い、3密を避けること、また市職員の働き方もオンライン会議やハンコレス、テレワークや時差出勤など出来る限り実行すべきです。施設のオンライン環境やリモート相談窓口の整備、また新しい働き方など進めるべきです。

経済・市民生活の影響について
・現状、企業や個人への給付など緊急的な対応ですが、徍々に職の解雇や雇い止め、企業倒産の増加が懸念されます。相談体制の強化や融資等の「長期的」な支援が必要です。

災害避難所での感染症対策について
・感染の長期化も想定される中、自然災害が発生した場合の対応が課題です。懸念されているのが避難所での「3密」です。分散避難や感染対策の備蓄品の見直しが必要です。

新型コロナウイルスに対し「正しく恐れる」
・新型コロナの不安から通院や予防接種をためらう方も多くいると伺います。また過度な自粛によって高齢者の方々の健康も心配です。

特殊詐欺について
・10万円給付に伴い高齢者を狙った詐欺は増加しています。多摩市民が一人も騙されないよう行政と警察が連携し取り組むべきです。

感染拡大の第2波・3波に備えて。
・学校の運営や行政の対応・医療体制などの取り組みについては現時点での検証と対策が必要です。

「市議会・トピックス」
学校生徒1人に1台タブレット端末の整備
生活困窮者相談窓口の体制強化
「多摩市障がい者への差別をなくし共に安心し て暮らすことのできるまちづくり条例」が制定。
市議会と共同で 「多摩市気候非常事態宣言」が議決

三階メール75号

多摩市議会議員 三階みちお